2011年03月12日

地球のこっち側では

2011-3-haha.jpg



地球の反対側の極寒地域のご事情なんぞお構いなしに〜〜
お母ちゃんに抱っこされてふわふわ状態でお目目を閉じているペンちゃんやったのどすが・・・


「あ。そうそう、ペンちゃん、このままおねんねしとく??お母ちゃんはさっき集めた落ち葉でヤキイモでもしようかな〜〜って思っとるんやけどね。どうしようかな〜〜。ふふ。」

「え!おイモちゃんを!?えらいこっちゃ!」

あわててお目目を開くペンちゃんなのどした。

「・・・え、ええよ。お母ちゃん、ボク、ホンマはおねんねしてへんし。おイモちゃんを焼くのん、お手伝いしてあげる!」

posted by MAROEVA MAROEV at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43799381

この記事へのトラックバック