2022年04月15日

【106】急ぎだけど『チョンチョン』

2019-6-2.jpg

なにやらあわてて来た本ホケキョたち。

朝早くから来てくれたホケキョたちを
まずはお食事でおもてなしするのが
ペンちゃん家のマナー。

「ホ〜ホ〜ケキョケキョ・・・チョンチョン。
ケキョ・・・チョンチョン・・・」

(実は・・・チョンチョン・・・ペンちゃん・・
今日は急ぎの・・・チョンチョン・・・)

「ちょっと〜〜あんたたち、相当遠いところから飛んできたんやないの〜?
もんのすごくお腹減ってる感じやないの〜。
くくくく・・・」

・・・思わぬホケキョたちの飛来がうれしかったペンちゃんと
急ぐと言いながらも朝ごはんをチョンチョンつつくのをやめられない
ホケキョの者たち。

2019-6-3.jpg

「ホケキョ〜〜チョンチョン・・・ホケキョ!!」

(ペンちゃん、実は・・・チョンチョン・・・
ホッピーからのことづけで来ました〜!)

「ケキョケキョ〜〜チョンチョン。」

(今日、ポッピーをデビューさせます!チョンチョン・・・
ペンちゃんにこっそり見に来てもらいたいんです!
それがちょこっと遠いので・・・急ぎでお知らせに来ました〜)

2019-6-3-2.jpg

「ええ〜〜っ!!なんとまあ!!」

ポッピーデビューのおしらせ!!

2019-6-juuyou.jpg

「す、すんごい重要なお知らせやないの!」
・・・急ぎの用って言うとった割には
あんたたち先にせっせと食べとって話し出すの、
ちょこっと遅めやったよねえ。

「ホケキョ〜〜ホ〜ホ〜〜・・・ケキョ・・・」
(ペンちゃん家の朝ごはんは豪華なので〜
まずはしっかりいただくのがホケキョの礼儀です・・・ケキョ・・・)

・・・・本ホケキョたちは礼儀正しいのであった〜〜。