2017年03月31日

「匠(たくみ)」の技に・・・

2017-3-kururi.jpg


「・・・うう・・・」

「ああっ!せ、先生・・・すいません・・・」
ついつい調子にのって長時間お願いしすぎてしまいましたわ・・・

先生の技があまりに匠(たくみ)でしたもので・・・


「うう・・・匠だが〜〜うう〜〜棒が・・棒が〜〜」
うう・・・

「あ・・・棒が重すぎてご負担を・・・」
お小さい先生に・・・たいへん申し訳ございませんでした・・・


「うう〜〜。うう・・・」


posted by MAROEVA MAROEV at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンちゃんのお手伝い