2016年02月20日

きのうまで生まれたてみたいだったのに

2016-2-douzo.jpg


「はい。できました〜〜。どうぞ〜〜。お次の方〜もうちょびっとおまちください〜〜♪」

「きゃあ!ステキっ!すごいわ皇帝ちゃん!」

「ホントにすごいわ!きのうなんて〜〜
まるで生まれたてみたいなファッションでおねんねされてたのに〜〜」
なんでもお上手にできるのね〜〜!!

「んまあ!!おいしいわ!絶妙ねえ!!」

「ほほほ・・・うちの息子のミルクせんべいは〜
お花の香りもそえられておりますでしょ?ほほほ。特別ですわ〜〜♪」

「本当に!!皇帝ちゃん、もう一回くじ、お願いします!!」

お母ちゃんも
ご近所さんとご一緒になってペンちゃんを褒め称えまくったりしては
さらに盛り上がりまくるのであった〜〜。


posted by MAROEVA MAROEV at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 『夜のお店』とペンちゃん♪