2013年03月20日

例年どおり・・・ぴょ〜〜ん

2013-3-PYON.jpg


そして

またしても例年のごとく・・・ゆっくり退場のごあいさつもないまま

ペンちゃんは大きなお花の陰からお見守りしてくれとったお母ちゃんのほうへ


ぴょ〜〜んと飛びついてあっという間にステージからすたこら〜〜と消え去ったのどした。




「おがあちゃ〜〜〜ん!!」


「ペンちゃん!ペンちゃん!ごくろうさま!えらかったねえ!!」


posted by MAROEVA MAROEV at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その3