2013年01月12日

お名前も番号もなく

2013-1-jitto.jpg


エントリーしてきたお家のお方本人はどれがご自分の家の子のお写真なのかは・・・
もちろんわかっているのだけど・・・

この会場のお写真には

エントリーしてきた人のお名前の表示もなく エントリー番号なんぞの表示もなく

どれがいったいどこのお花なのか 見る人にはわからくなっているのどした。


ペンちゃんは

一枚ずつゆっくりゆっくりお写真を見ながら

「これは・・・・こないだ見に行ったあのお家の子やわ。すっごいツルも・・・きれいにくるくるしてもらってたんよね・・・お花も葉っぱもすくすくで・・・」

とか・・・

「あ、このお色のこの子は・・・あのおうちでかわいがってもらってた子にちがいないわ・・・」

なんて・・・

ひそかに思ってたりしたのどした。

いくら見てても・・・ホントにきれいで・・・なんだかお時間があっという間にすぎてしまうそうなのどした。




posted by MAROEVA MAROEV at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その3