2012年12月22日

なんと!思っていたより

2012-12-WOW.jpg


そして係のお方たちに通されたお部屋のテーブルには・・・

なんとプリンやマカロンなんぞがたくさんご用意されとったりして・・・

「こないだ駅前にオープンしたカフェのお店の方々が〜〜本日ペンスケさんがご来場くださるというウワサを聞きつけたようでして・・・ぜひ、差し入れさせてください、とのことでしたので〜〜」

ということやそうな。


「まあ!ペンちゃん、よかったやないの!ん?『カフェ・プチエンペラー』?まあ!ペンちゃんにぴったりのお名前のお店やないの!こんど、お礼にお店に行ってさしあげやなイカンね!ほほほ!」

「きゃ!しかも〜〜ここのマカロンはちょびっと大き目なんが魅力やね!ふふ!」


・・・・・ペンちゃんが想像していたたたみのお部屋とようかんではなかったのどすが・・・
ペンちゃんのお好みのアイテムをよ〜くご理解しとるおもてなしがご準備されとったのどした〜〜。


posted by MAROEVA MAROEV at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その3