2012年06月26日

せめて「すたこら〜〜」

2012-6-awatete.jpg


「ちょこっとだけでもぼっちゃんにお会いできませんやろか〜〜?お久しぶりですよってに〜〜」


とかなんとか・・・ハゲのおっちゃんがお母ちゃんに一生懸話しかけとるので・・・

まあ・・・

せめて

すたこら〜〜〜とお家に逃げ込む後姿だけでもサービスでご披露しとくペンちゃんやったりするのどした〜〜。


「あ!ぼっちゃん!!」

「息子は・・・テレビで見たい番組があるようなので・・・あわてて家のほうにもどったみたいです・・・」


とかなんとか・・・


まあ・・・今日のところは「さきまくり」のおっちゃんと息子はおとなしく種の袋を一袋ずつもらって退散したようなのどした〜〜。ぴぴぴ・・・


posted by MAROEVA MAROEV at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その3