2011年02月12日

落ち葉の頃まで

2011-2-oyakuokude.jpg



そして

楽しいお時間はとってもお早くすぎて
お日さまがどんどん高くのぼってきたのに・・・・
なんだかちょことお寒い風がふいてきたりして・・・

「あ、あ、お母ちゃんとのお約束でね。ふふ。ちょっと失礼。よいしょ、よいしょ。ボクはお寒くないんやけどね・・・」

ちょっとでもお風がふいてきたらブランケットをかぶりなさいって〜〜
言われとるんよ〜〜。

なんか・・・
また落ち葉が・・・・
せっかく夏みたいなぽかぽかのお天気やったのにね。


でも朝顔さんは
「ふふ。ええのよ。ええのよ。ボクは落ち葉のお庭も楽しんどるよ」

落ち葉が舞う頃までお花の姿をペンちゃんに見せることができたんだから〜〜。
うれしいことなのさ〜〜。

「そうか〜〜。そうよね〜〜。秋になっても一緒にいられた証拠なんよね!」

一緒に落ち葉が見れたこともまた・・・うれしいことよね!ふふ!

この日の朝顔さんとペンちゃんはいろんなことが「とってもうれしいこと」に
感じられたんですって。

そして朝顔さんとペンちゃんの静かな宴はそろそろ・・・終わりに近づいてきていたのでした。
posted by MAROEVA MAROEV at 01:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その2