2010年12月04日

いっぱいおそばに

2010-12-OTOTO.jpg


その夜、晩ごはんの後、ペンちゃんはフワフワクッションでお母ちゃんといっぱいお遊びしたんですって。


ボクは
お母ちゃんのひとりおヒナ息子やから〜〜いつでもお母ちゃんはおそばでボクひとりだけをず〜〜っとず〜〜っと かわいがってくれて〜〜・・ボクは激しくお幸せなんやけど・・・

もし・・・もし・・・
ボクに兄弟がおって〜〜お母ちゃんがその子ばっかりかわいがったら・・・・
ボク・・・ボク・・・・辛すぎるんやけど・・・・



ボクは朝顔さんをいっぱい、いっぱい、お育てしようと思って〜〜
朝顔さんの兄弟にいっぱい、いっぱい、咲いてもらったんやから・・・・

ボクはボクは、
もっともっと全員を同じくらい、すご〜〜く、かわいがるからね!

こんなことを思いながら
ペンちゃんはクタクタになって激しいおねむちゃんウェーブがやってくるまで何回も何回も
ポンポンに重ねたクッションの上でお母ちゃんのお手手を握りながらおっとっと〜〜〜っとなってお遊びしたのでした〜。


「お母ちゃん、ボク、明日も朝顔さんのお世話をがんばるからね!ふふ!」





posted by MAROEVA MAROEV at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その2