2010年12月03日

明日のお花に

2010-12-yuugatano.jpg


そして
ペンちゃんはその日の夕方、お水やりのお世話をしながらふんわりした色になっていくお空を見て色々考えたんだって。


「ボクがお育てした朝顔さんたちのお名前は・・・全員が『ペンちゃんの朝顔』・・・」

ボク・・・
この頃、あの新しく生まれた「新ペンスケ三色」ばっかり気にしていて
他のお花のみんなが・・・せっかくボクのために咲いてくれていたのに・・・
ちゃんと見ていてあげてなかったんやね・・・・

ボク・・・なんか・・・ボクのお名前がついた子だけが
なんか・・・なんか・・・すごく特別な子のようにしてしまって・・・

だから・・・
他の子たちはみんな自分にも「ペンちゃんの朝顔」っていうお名前があるよ、って
おしえてくれたんやね。

さみしかったんやね。

ボク・・・絶対に朝顔さんのふたばを間引かないで・・・全員お育てするってきめて・・・
いっぱいのお花を咲かせたのに・・・

なのに・・・全員をちゃんとみてあげなかったら・・・全部お育てしたことには・・・
ならないんやね。

ごめんね。みんな。


・・・・・明日お花の姿になるつぼみの子たちに囲まれてもっと、もっと、明日はペンちゃんの朝顔さんが全員、お幸せに咲いてくれますように、と願うペンちゃんなのでした。



posted by MAROEVA MAROEV at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 朝顔さんのお話 その2