2009年03月16日

いえいえ そんな〜

2009-3-odaiwo.jpg

「先生、お世話になりました。先生も生後10日の幼い身でいらしゃいますから〜あまり長居して疲れさせてはいけませんし〜そろそろおいとまいたします。もう、すっかり先生に導かれましたんで〜大丈夫ですよ。」

「ふふ!お幸せな方向にお導きできてよかったです。」

「先生。見ていただいたお代を・・・」

「いえいえ、いいんですよ。結局お手手はみていませんから〜
ふふ!」

「いえいえ〜そういうワケには〜。じゃ、ちょこっとお気持ちだけ置いていかせていただきますから〜ははは〜〜」

「いえいえ〜〜〜いいんですよ〜。ワタクシ、生後10日のおヒナさんなんで〜お母ちゃんからお小遣いもらってますから〜〜ふふふふ〜〜〜」

などとほほえましい会話をするペンちゃんとおっさん。
しかし・・・結局、お手手の相はちっとも見ないままにおっさんをすっかりお幸せモードにしたペンちゃんであった〜〜。
posted by MAROEVA MAROEV at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 占いのお店